お知らせ・更新情報|宮下製氷冷藏株式会社

top_sp.gif

お知らせ・更新情報

arrow-right.pngときどきの信州飯田ギャラリーを追加しました。[ 2012.10.27]  

長野県下伊那郡は香川県一県分の面積を有し、
飯田市を中心に全国最多の13もの町村に囲まれています。
飯田から東西南北向かう方向で風景も文化も多岐に渡るのが下伊那の特徴でしょうか。
今回は飯田から国道153号を南にとり約30分。
愛知県境に近いあららぎ高原(標高1,140m )に秋の深まりを垣間見ました。

2012年10月27日 長野県下伊那郡阿智村浪合 あららぎ高原にて

信州飯田ギャラリー

最新ギャラリーページはこちら

arrow-right.pngときどきの信州飯田ギャラリーを追加しました。[ 2012.08.12]  

天龍川は諏訪湖に端を発し、南と中央の両アルプスから支流が交わるごとに
その表情を変えて南下します。
河岸段丘が終わり、天竜峡を過ぎ、長野県最南端天龍村は
そんな天龍の豊かで静かな流れのなかにあります。
盛夏を象徴するような夏雲が橋の欄干から。

2012年8月12日 長野県下伊那郡天龍村平岡にて

信州飯田ギャラリー

最新ギャラリーページはこちら

arrow-right.png氷屋さんちの削氷「生シロップ」出荷開始しました。[ 2012.06.26]  

長いことお待たせを致しました。かき氷の新しい世界が始まります。
試行錯誤の後、低温殺菌技術が生シロップ商品化を可能にしました。フルーツ王国信州の天然素材がちょっとリッチな生シロップになってまいります。生シロップは高品質を確保するために冷凍扱いとなりました。
全国宅急便配送致します。
詳しくは営業にお問い合わせをお願い致します。

生シロップ

詳しくはこちら

arrow-right.pngときどきの信州飯田ギャラリーを追加しました。[ 2012.06.26]  

信州飯田に生まれたら誰もが一度は登る風越山(1,535m)
“ふうえつ”と読む人もいれば“かざこし”も あり。権現山とも呼ばれ親しまれています。
江戸時代の茶人、宗偏流・不蔵庵龍渓(ふぞうあんりゅうけい)宗匠が
茶の湯に適した水を求めて天竜川水系を遡って発見したとされる、
環境庁銘水百選にも選ばれた「猿庫の泉」もこの山麓にあります。
今日的科学からも大変優れたと言えるこの泉、
その水環境を江戸時代から連綿と保全し続けてきた方々が今日も立派な組織として
存在することは信州飯田の水文化の深さを感じます。
市内から僅か10分で味わえる涼やかさは私達の財産です。

2012年5月13日 信州飯田 風越山麓にて
・左写真「猿庫の泉 茶室」 ・写真右「風越山麓 妙琴原にて」

信州飯田ギャラリー

最新ギャラリーページはこちら

arrow-right.png第9回デザート・スイーツ展に初出展致しました。[ 2012.04.23]  

2012.4.4~6東京ビックサイトにて開催の第9回デザート・スイーツ展に新商品「氷屋さんちの削氷 生シロップ」で初出展させて戴きました。大きな展示会に新商品&初出展ということでしたが、お陰様で大変多くのお客さまに行列になってご試食を待って戴き、リアルな本物感に高評価を戴きました。
ご来場誠に有り難うございました。

デザートスイーツ展

arrow-right.pngときどきの信州飯田ギャラリーを追加しました。[ 2012.04.23]  

春の訪れが漸く飯田にも。桜守とは桜の案内人。今回は市内の愛宕神社。
樹齢750年という飯田最古の清秀桜の前に立ち止まって多くの方が言うのは「頑張ってるね」。
寡黙な古木に私たちが勇気づけられます。(右は同神社の千代蔵桜(背景))
2012年4月18日 12時ころ 飯田市 愛宕神社にて

信州飯田ギャラリー

最新ギャラリーページはこちら

arrow-right.pngときどきの信州飯田ギャラリーを追加しました。[ 2012.01.06]  

飯田高原より、南アルプス(易老岳と光岳の中間付近)からの日の出(写真左)
飯田高原より、南アルプス(写真右)

信州飯田ギャラリー

最新ギャラリーページはこちら

news01.jpg

m05.jpg

|1|2|3|4|5|6|