宮下製氷冷藏株式会社

宮下製氷冷蔵株式会社

ときどきの信州飯田ギャラリーのご紹介

信州飯田

里の秋より先にアルプスの初冠雪

20102601.jpg

飯田高原(飯田市)から初冠雪の白根三山(南アルプス)を望む 撮影2020.10.18

 10/18 厚い雲が去ると南アルプス北岳や仙丈岳がこってりと真っ白。初冠雪です。里の秋はこれからだというのに。
 全国一の松茸の産地、信州ですが、その出来ばえは秋の天候次第で大きくブレます。今年はこのところの雨で少しお湿りがあり、この後低温で晴れが続くと一番いい環境になるのですが、今年はその晴れがやって来ない気配です。つまり今年の松茸は不作という可能性が高いです。
 そんな天候の間隙をぬって陣馬形山(1445m 中川村)へ行ってみました。乗用車で頂上まで行ける山としては信州の南エリア随一の眺望だと私は思います。それは標高もさることながら、南アルプスから天竜川左岸目一杯張り出したようなこの山の位置がその眺望を可能にしています。ここからムササビのように飛び降りたら天竜川の向こう側の中央アルプスに降り立てるのではと思わせるような眺望です。魔女の宅急便のキキの気分になれるとも言えます。
 残念ながら当日は定規で引いたような3000m付近の垂れ込める雲で眺望は限られたものでした。
 久々に行ってみて感動したのは林道が全舗装となり路肩には側溝が入り頂上には清潔なトイレと山小屋(無人)がきちんと整備されていたことです。地元中川村に感謝感謝です。飯田市街から60分。中央道松川インターチェンジからなら45分。軽トラでもOKです。
 信州飯田へ品川から45分というリニア新幹線時代に、この山へロープーウェイができると信州伊那谷の素朴な魅力が上がると思いますが皆様如何でしょうか?

20102602.jpg

陣馬形山(中川村)山頂から伊那谷越しに中央アルプスを望む 撮影2020.10.24

固くて溶けにくい美味しい氷

明治33年(西暦1900年)に飯田の地に宮下氷問屋として創業し百年余り一貫して氷・冷力の世界を歩んでまいりました。昭和55年(西暦1980年)には日本有数の花崗岩地帯である、この伊那谷の良質な天然水を基として袋詰め氷専門工場を創設し、高品質な氷をお届けしております。近年は全国希な規模での氷彫刻技術の構築・冷凍物流事業・食品事業など複合的展開を計っております。これからも未来に向けモノつくりを通して氷・冷力・食の世界をさらに深究し、社会に貢献すると共に独自の企業文化を育んでまいります。