宮下製氷冷藏株式会社

宮下製氷冷蔵株式会社

ときどきの信州飯田ギャラリーのご紹介

信州飯田

暖冬の後に来る陽気は?

t_01.jpg

長野県下伊那郡高森町の高台からの夕景
南アルプス南部を望む 悪沢岳(左)と荒川岳(右)手前は伊那山地 
撮影:2020/02/11

 冬が間引かれてしまったような異常な暖かさです。南北に走る南アルプスと平行して走る天竜川との間に前衛となる伊那山地(地元では伊那山脈と呼ぶ)があります。
 この時期はアルプスは元より手前の伊那山地も真っ白になるのが常ですが、ことしは山肌が丸見えです。
 南アルプスの主峰北岳は3,192m(日本第二位)手前の伊那山地は1,800m台。重なって見えますが1,300mもの標高差があるのです。
 2027年開通予定のリニア中央新幹線の工事も少しづつこの伊那谷を変えようとしています。
関連道路として、中央自動車道の座光寺PAのスマートインター取り付け工事が足下で始まっています。周りが急峻な地形なのでかなりな規模の土木工事です。
 新型コロナウィルスの早い収束祈るばかりです。この暖冬の後は普通の春が来てほしいです。

t_02.jpg

長野県下伊那郡高森町の高台からの夕景
南アルプス北部を望む 左から 仙丈岳 北岳 間ノ岳 その手前は伊那山地
撮影:2020/02/11

固くて溶けにくい美味しい氷

明治33年(西暦1900年)に飯田の地に宮下氷問屋として創業し百年余り一貫して氷・冷力の世界を歩んでまいりました。昭和55年(西暦1980年)には日本有数の花崗岩地帯である、この伊那谷の良質な天然水を基として袋詰め氷専門工場を創設し、高品質な氷をお届けしております。近年は全国希な規模での氷彫刻技術の構築・冷凍物流事業・食品事業など複合的展開を計っております。これからも未来に向けモノつくりを通して氷・冷力・食の世界をさらに深究し、社会に貢献すると共に独自の企業文化を育んでまいります。